keyboard_arrow_right
未分類

インプラントの耐久年数は原則的には一生持つ

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は原則的には一生持つとされていますが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。



加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、義歯の耐用年数自体も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。



入れ歯で食べることに抵抗がある、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラント治療がすすめられるでしょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつける治療で、費用がかかることは確かですが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。


何よりも見た目の自然さや快適な使用感を譲れない方にふさわしい治療です。一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。



というプロセスをたどります。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことが必要です。

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。


歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。これは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。


人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。



インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。
歯科治療の現場は日々進化を続けています。

最近は、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどの事例もあります。これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることの影響が多分にあります。
技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。



アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているものが1ピースタイプです。他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。


この2ピースタイプはさらに、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。



特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのは必須です。



それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。


もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから安心して治療を受けることができます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。